2018年5月7日月曜日

ぼちぼちの裸婦、ひさびさの28th

ハダカとBBQに明け暮れた連休(当社比)なんていうとチョイ悪ナントカみたいだけど、文化系ですから基本。ぼちぼちで。手伝ってくれた人、誘ってくれた人、いろんな人に感謝。こちらは(↓)その一部、もう 2年ぶりになるんだね名古屋ROJUE。「始まって以来の長時間固定ポーズ」で、双子ダンサーを描くという企画に参加してきました。




P15号キャンバスに、ひさびさのアクリル絵具。5月3日と4日の終日と、5日はお昼までの計600分。コンテンポラリー・ダンスをやっているという双子姉妹、じつにいい感じで。その感じを絵画化すべく、必死に「できねー」なんて言いながら奮闘するのがまた、おもしろく。文化系ですから。

アメリカ人女性の参加者や、ひさびさの主催者マイケルさんや常連さん、モデルさんたちとの、ちょっとした交流も心楽しく。みんなで何かを追及するという、あるテンションをもった場はおざなりな会話もあんまり必要なくて、口数が少なくてもコミュニケーション成り立つ感じが(口数ばかりでコミュニケーション全然、成り立たない場もあちこち多いでしょう?)グー。いや、おしゃべりも大丈夫だけど私。


左は全体像を左右反転したもので、右がフィルタ処理後


そういえば、いつだったかな、GW中の夜に見てた懐かしの映画、ジム・ジャームッシュ監督の「ストレンジャー・ザン・パラダイス」もじつに口数の少ない映画で。そんな中でしか出ないユーモアであり、シャープさであり……「掃除機をかける」なんていう言い方はどうも堅苦しいので、これからは「ワニを絞め殺す」でいこうぜ、なんてセリフだとかね(うろ覚えなので間違ってたら失礼)素晴らしいですな、あらためて。



0 件のコメント:

コメントを投稿