2018年1月19日金曜日

パステルの、キャンディーの、花びらの、

彼女たちは時々、パステルの、キャンディーの、花びらの、お砂糖の、シナモンの、スウィートさ(のイメージ)を放つかもしれないが、日本の少女たちはハイパーCuteなものに囲まれて育ってきたのだ。マルクス主義的に言うなら、彼女たちは生産手段のコントロールをその手に入れ、インディー・ミュージックの非公式な経済のなかで彼女らが生み出すカルチャーはいまや、大なり小なり、自分自身のやり方で流通している。 
この意味で、彼女たちはとって付けられた概念、キュートさやガーリーさの犠牲/あやつり人形などではなく、むしろそれらをクリエイティブ・ツールとして使いこなしながら……云々(以下略)


清水訳(↑)なので日本版と言葉づかいなど違ってると思いますが、Ian F. Martin『Quit Your Band』の中の Pink Guitarの章、p.210より。

ジジイなのに私こういう話になぜかとても共感し、つい「がんばれ、いけいけ!」と思ってしまう。基本、弱いところだとか(いやアイドル的なポーズじゃなしにさ。あれは逆に私おっかなくって、ゾッとするんだけど)あと優秀ぶってないところが、いいのかしらん。アナーキーだし。シャレてたりもして、さすがに女性。

バンド「にせんねんもんだい」だとか、ちょっとウェットな感じ趣味的にはアレだけど「キノコホテル」なんかは生半可に知ってたものの、
http://nisennen.tumblr.com
http://kinocohotel.org


バブルガム・ニューウェイブだそうで「マーピープルズ」だとか、
https://www.youtube.com/user/Merpeoples1/

さらにというか何というか、ここから特に興味津々「Twee Grrrls Club」(日本)だとかアメリカの「Riot Grrrl」ムーブメントに至っては初耳で。ブログ fun daze with Twee Grrrls Club に紹介されていた、というか日本に呼んだんだな、海外ミュージシャンも(↓)いろいろ素晴らしいと思いました。
http://tweegrrrlsclub.blogspot.jp


90年代前半にシアトル近郊のオリンピアから始まったという、フェミニズム思想を持ったパンク・バンドが起こしたムーブメント、ライオット・ガール Riot Grrrl についての日本語での説明(↓)と
http://sound.heavy.jp/grunge/about/history/movement/rg.html

最初の宣言(英語)Riot Grrrl Manifesto だそうで(↓)
http://historyisaweapon.com/defcon1/riotgrrrlmanifesto.html


以上、とり急ぎのリンク集。
こういうのいつ消えちゃうか分かんないし、ブックマークに入れといてもすぐグチャグチャになってしまうので、最低限のメモとともに。生半可な知識が(わるかったよ)またひとつ。




0 件のコメント:

コメントを投稿