2017年11月30日木曜日

油絵テクノ、着衣

この写真(↓)偶然、壁と床の境目が絵とほぼ一緒なもんだから、だまし絵みたいではないですか。今回キャンバスを傾けて描いていることもあって、なおさら。


前回 5月末にアップした裸婦に続いて、長時間ペインティングの(森さんを中心とした有志グループ名称も「アトリエ 7. q」に決まり)2回目、今回は着衣。モデルは紺ちゃん。前回と同じく P50号キャンバスに油彩。

9月3日から描き始めて私の場合はトータル 6日間、参加させてもらい上の写真は最終日(11月26日)が終わったときの状態。イーゼルにキャンバスをこんなふうに斜めにガムテープで留めて、ずっと描いてました。このあと持ち帰ってもう少しだけ手を入れたけど、まぁ遠目にはほとんど変わらず、打ち止めとして昨日(↓)これは撮影。


タイトルの「油絵テクノ」は最終日、森さんに何度か言われたセリフから。ええ、描いていて例えば、クラクラしたいというようなある種の衝動は、共通するものがあると思います。まだ甘いけど。もっと徹底的にいつか、ぶち壊すことを恐れず、やってみたいもの。

昼休憩時のベーコンやフロイト、バルテュスなどに関するスライドもおもしろかったです、おかげさまで。引き続きよろしくお願いします。


0 件のコメント:

コメントを投稿