2016年7月2日土曜日

裸婦デッサン

お暑うございます。今年も地元の大垣スイトピアセンターにてのデッサン講座で、それこそ年に一度の鉛筆デッサン。20分 × 5回のそれぞれ100分だったかな、描いてきました。3日あったうちの 1日分はイマイチだったので、あとの 2日分(↓)。


去年の に比べるともう少し余裕が出てきたってことなのか、パンク・ロックみたいな感じは影をひそめ、身体のニュアンスをていねいに拾うようになったのは(自分で自分のこと批評するのもアレだけど、とにかく過去の自分がどんどん他人で……はぁ)おそらく今回、試してみた描き方のせいもある気がする。全部まったく偶然だけど。

年に 1度しか鉛筆(つまり、いわゆるデッサン)やらないわりに、最初の2013年から順に見直してみると、それはそれでだんだん変わっていくのが分かる。不思議なもんで。さて来年は?

2013年06月:初めての裸婦デッサン
2014年06月:2度目の裸婦デッサン
2015年06月:3度目の裸婦デッサン




0 件のコメント:

コメントを投稿