2016年7月12日火曜日

9年ぶりの、浦島太郎。

記事は本の中身と関係ありません
トラブル初日、ノロノロ Macの待ち時間に読んでいた M.クライトン『アンドロメダ病原体』に習っての(?)対処記録。

9年目のiMac、ソフトなどの都合でOSはその都度やむなくバージョン・アップし、ほぼ 1年前に Yosemiteに。ただでさえ動きが遅いなか Time Machineは使わず、必要なデータは外付HDに保存してきました。とはいえ直近の大規模なバックアップは約半年前で、それほどコンピュータに依存しない仕事とはいえアレや、コレが消えたとなると復旧にどれくらいかかるだろうと頭を抱えながらの数日間。始まりは突然に。



06月18日(土)メール後、iMacの動きが突然、ものすごく遅くなる。なんだろう、といろいろ調べて対処してみて結局その日の最後、ディスク・ユーティリティで「このディスクは修復できません」と。

06月20日(月)夕方 Appleサポートに電話。OS X ユーティリティで「OS再インストールするためのHDが見えないのが致命的」と。必要なデータ救出方法は? 業者に頼むといくらかかる? いくつかデータまたゼロから作るとしたら日数どのくらい?

06月21日(火)メール確認用にとりあえず大判プリンタ用の、オフライン使用だった Windows PCをネットにつなぐ。しかしこれも古いため、ウェブ表示などは最悪。iPhone併用でなんとか制作以外の仕事。

06月22日(水)Appleサポートに電話し iMac購入時(2007年9月)のDVDから、外付HDに Lion OSをインストール。そこからiMacデスクトップ表示されるも本体HDやはり見えず。

06月23日(木)新コンピュータ、Windows PCのディスプレイ再利用することにしてiPhoneから、Mac mini(+メモリ増設)と接続ケーブルを注文。データ打ち込み直すつもりで、とりあえず会計ソフト立ち上げるために iMac外付HDのOSを、むかし購入したDVDを用いて Snow Leopardに。すると夕方、諦めていた本体HDが見えていてビックリあぁ神サマ。

06月24日(金)iMacからデータ救出作業。Appleサポートにいろいろワザも教えてもらいながら。



06月30日(木)Mac mini届き、セッティング。しかし30分たってもデスクトップ表示されず Appleサポートに電話。

07月01日(金)Mac mini何度か止まってしまい強制終了後、順調に動きだしてから Adobe Illustrator(CS3)などインストール。しかしまた止まってしまい Appleサポート。SMCリセットでダメ、NVRAMリセットでなんとか回復。各種ソフトをインストール。

07月02日(土)Illustrator(CS3)使った作業を少し。

07月04日(月)夕方、Mac miniに外付CD/DVDドライブと外付スピーカー接続。ソフトやサービスと、ハードとの価格逆転を痛感しながら。

07月05日(火)Mac mini何度も止まり仕事にならないので Appleサポート。初めて Time Machine使い、Mac miniをバックアップ。ネット検索したら今回のOS(El Capitan)がAdobeのCS3に必要なjava6をサポートする最後のOSなのだとか、不幸中のさいわいと言うべきか?

07月06日(水)Mac miniやはり正常に起動せず、Appleサポートに電話してOSのクリーン・インストール。順に検証してみるとAdobe製品が結局、不具合の原因のようでCS3をすべてアンインストールAdobeのサポートに電話すると、いまは課金制のCC(Creative Cloud)なのだとか。代わりのフリーソフトいくつか調べてインストールしてみるが使いにくいため観念し、ネット関連費用の圧縮を試みた後、CC契約。夜になって、ようやくまともにクリエイティブ作業できるようになる。



概略は以上。「復旧」じゃないと思う、これ。

9年ぶりの、浦島太郎。つまり、1. 世界のものづくり情勢の変化のなかでハードウェアの値段は劇的に下がり、2. ネットを介した “どのハードウェアからもアクセスできる” 外部ストレージが増加し、3. ソフトウェアも売り切り販売+その後のバージョン・アップという方法から、リアルタイムの課金制へと。……そういう環境変化を無理やり(?)教えられたということで、はぁ。

個人的には、シンプルな道具でもってシンプルなことを、ちゃんと行えればいいだけなのに。クソ、と思ったりもしますがまぁ、自分だけで生きてるわけじゃなし。いまの環境のなかで何をどう(お互い、さびしい懐のなか)選択していくか、その繰り返しが結局人生ってか。あんまり大げさなこと言っててもしようがないですが。


0 件のコメント:

コメントを投稿