2016年4月19日火曜日

「ULR」展 @田口美術

4月9日(土)から17日(日)まで、画家として初めての画廊個展おかげさまで終了しました。ご来場いただいた皆様ありがとうございました。で、いまネットでご覧になっているかた向けに、以下(↓)会場の様子。最初の土日と最終日には私も画廊にいて、お客さんと話したりタルボ弾いたりしてました。




作品は今回、全部で 8点。コレクターの方、マスコミの方、友人や一般の方々から、いろんな声や意見をいただき感謝。こちらは(↓)自分がいないとき用に作った説明書類。もとより「抽象絵画」でなく、かといって「だまし絵」と片付けられてしまうのも少し物足りなくて。クリックすると大きくなりますので、よかったらご覧ください。




今後のさらなる展開をほのめかす?(↓)複合パターンの小品 4点。これくらいの距離だと裸婦に見えますが、間近で見ると、ますます何だかもう……。今回も何人かからありましたが「サイケ」とか「ノイズ」とか「メチャクチャ」だとか、ええ、もっと言われてみたいもの。




たまたま雑誌で田口美術の記事を読み「地元にも、そんな画廊があるんだ」と一昨年の秋、Stencil Painting を見てもらいに持ち込んだのが最初でした。元々その雑誌をくださった Nさん含め、まったく業界のことを知らない私にとっては、恩人と幸運だらけの昨今。とうとう個展がこうして開催され、自分の絵に値段が付けられたのも初。自主的にお披露目しているのとは違う緊張感(というより心労?)がありました。これまでとは違う、美術のステージ。




いい機会でした、本当に。おかげさまで自分の中でもギアが切り替わった気がします。考え方も作品もますますビビッドに、ユニバーサルに、がんばります。


田口美術 http://art-taguchi.com


0 件のコメント:

コメントを投稿