2015年9月10日木曜日

Stencil Painting 出力版の展示& more

IAMAS(情報科学芸術大学院大学)「HDⅡ 高精細映像技術を用いた表現研究プロジェクト」の一環として、7月に続きまして再びソフトピアジャパンセンターにて 9月いっぱい、Stencil Painting 出力版を展示しています。前田教授はじめ関係者の皆様に感謝。写真は(↓)9月1日の展示作業の様子。



右側はIAMAS学生・丹羽彩乃さんの手描きアニメーション作品

昨年10月に文字通り型紙でペインティングしたものを発表し、たくさん新聞記事にもしていただいた Stencil Painting の、簡易出力版。今回、IAMASからの業者発注の関係で造作がユルい(モノとしては正直、美術品になっていない)のが心残りですが、何はともあれ最新絵柄。昨年の BEAMS T モチーフでもある物理学者が、バージョン・アップした Stencil による「波のような」&「粒子のような」表現で登場しました。



で、その後、展示発表ではないですが別案件あってパターンをさらに研究。頭おかしくなりそうなパズルに今日、ようやく決着がつきまして、その試作絵柄(部分)をチラっと。


どこまでムチャクチャにすれば気が済むんや、てなもんで。ひどいね。コンピュータ(計算機)で考える絵画表現。

0 件のコメント:

コメントを投稿