2015年9月7日月曜日

Figure(Nude)Study 22th

GW以来になるのかな、ひさびさの裸婦。このところ写真からのペインティングが続いていていたこともあり、また先週はコンピュータを使ったパズルのような作業で頭がクタクタになっていたこともあり、感覚をリセット/リフレッシュすべく、ひさびさの現物・現場仕事。昨日、9月6日(日)クロッキーF 美術館にての、モデル:けいちゃん主催のデッサン会に行ってきたでござる。

午前午後、合わせて240分。21thと同じP12キャンバスにアクリル絵具。あとでスタジオでもう少し描き込めるよう最後に写真も一枚、撮らせてもらったけど結局、使わないことにしたでござる。制限時間内の全力疾走の記録として、やはり、これで打ち止め。ライブはライブということで。




今回たまたまなのかな、ちょうど仕事場の壁にいま並んで掛かっていることもあり比べてみると、写真からのペインティングの平板さが目立つ。やはり現物(生身)は情報量が違う? その代わり生き物なので動いたりもして不安定。

まえは写真のことなんか考えもしなかったのに、いったん写真でやり始めると、あらためて現物のよさとその限界がまた見えてきたりして。音楽でいうライブとレコーディングの違いのようなもの?……まぁ、あんまり考えすぎないようにしながら、絵描き修行、続きます。

ひさびさにお会いしたクロッキーF 福地さんの冒険(?)話や、参加者の方とのジャズ話もおもしろく。こういった刺激もまた現場ならでは。絵でも冒険やジャズ、してみたいもの。いろんな偶然に感謝。

0 件のコメント:

コメントを投稿