2015年4月17日金曜日

Go - the very best of Moby エッセイ翻訳

Mobyのベスト盤、リミックスCDとDVDまで付いて安かったので先日ふと購入。USから送られてきたものに日本語のブックレットまで封入されていて、ありがたいかぎり。で、なかのエッセイがおもしろそうなんだけど訳文がちょっと分かりにくい。正確にはどんなことが書いてあるんだろう? と興味をもち、原文から自分で翻訳し直しました。


訳していて内容的に、それからWikipediaにあったご本人あの『白鯨』のメルヴィルの血縁だなんて話にもちょっと、にわかに親近感。原文はとにかく and, and, and で延々と続いていく文章でありまして、ここでは(↓)てきとうに改行してあります。
では、Go.



OK、正直にいこう。僕はこの「ベスト」CDのブックレットにエッセイを書こうとしていて、なかなか簡単にはいかない。ジレンマはこうだ、つまり、僕がこんな「ベスト」盤はおろか、音楽業界でキャリアを築こうなんて思っていなかったことについて、書くか? そんなことを書くのは少しナルシストっぽい、でいい? 了解、そのまんま、できるだけナルシストっぽくいくとこうだ。僕は音楽業界でキャリアを築こうと思ったことはない(本当さ。僕が実際、望んでいたのはベッドルームで音楽を作り、昼間は普通に仕事をして、いつか僕が作った音楽を聴いてくれる友達が現れるのを夢見ること)、レコードを売ろうと思ったこともない,それに、絶対、死んでも「ベスト」CDのリリースなんて考えたことなかった。

僕がラジオでかかる曲を持つだって? 冗談じゃないのか? 僕はベッドルームで音楽を作るだけの、ただの変な坊主頭の奴さ。レコードを売るとか、ラジオでかかる曲を持つとか、そんな人間じゃない。これは変だ。ナイスだけど変だ。このエッセイ執筆のジレンマを続けよう。

ok, i'll be honest: i've tried to written essay for this 'best of' cd booklet, and it hasn't been that easy. here's my dilemma: do i write about the fact that i never expected to have a career in music, let alone a 'best of' record? to write about that seems a bit narcissistic, right? well, as narcissistic as it might seem, here goes: i never expected to have a career in music (it's true. i actually expected to make music in my bedroom, have a day job, and dream about someday having friends who would be willing listen to the music that i made), and i never expected to sell any records, and i certainly never expected to ever in a million years release a 'best of' cd.

I've had songs that have been played on the radio? are you kidding? i'm just a weird bald guy who make music in his bedroom. i'm not supposed to sell records or have songs that get played on the radio. it's very odd to me. nice, of course, but odd. to continue the essay-writing-dilemma.

● ● ●

僕は、僕たちが生きているこの世界についても書こうと思う、それと件の世界が常に直面している無数の争点/問題について。そして投げ入れる、たぶん、何かを。その画期的なメカニズムや、すべての事柄の(「事柄」という言い方そのものが途方もない誤称だけど、と彼はオタクっぽく言う)本質的に非本質的な自然について、それから、あらゆる軍章stripeの原理主義者たちがどんなふうにして世界を支配し台無しにしているかについて、それから、もし人々が戦場でお互い闘うことを望むなら、こうしたらどうかということについて。つまり、双方が相違をガス抜きする方法として彼らは一緒にまず週末のキャンプを(あるいは少なくともテニスをして昼食をとるよう)強制されるべきだ、ということについて。それから、なんて一生は短く自分は単純で、でも僕は信じる、僕らはもっと心配せずに楽しいことをして時間を過ごしたほうがいい、ということについて。

i also want to write about the world in which we live and the myriad issues/problems with which the aforementioned world is constantly confronted, and maybe toss in something about quantum mechanics and the inherently un-inherent nature of all matter ('matter' itself being a chimerical misnomer, he says nerdy), and how fundamentalists of all stripes are ruling and ruining the world, and how if people want to fight each other on the battle field they should be forced to camping together for the weekend first (or at least play tennis and have lunch) as a way to air out their differences, and how life is short and i'm simple but i believe that we should probably just worry less and spend more time doing nice things that we enjoy,

それから、なんて本当に不愉快なんだ、ということについて……この星のとても多くの人々が、かれらの意志/信念を暴力的に他の人々に合わせるのを当然だ/自分たちにはその資格があるのだと感じていることに対し。それから、なんて世界や宇宙は僕たちの想像を超えて複雑で、宇宙の自然のいかなる側面であれ、平均して宇宙に比べ 1/1,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000 の寿命しかない二本足のヒト科の動物に理解できると思うのが傲慢やごまかしの考えによる、とんでもないことか、について。

and how it really is obscene that so many people on this planet feel so justified/entitled in violently forcing their will/beliefs onto other people, and how the world and universe are complicated beyond our imaginings and it's the ultimate act of hubris and fallacious thinking to believe that any aspect of the nature of the universe is in any way comprehensible to bi-pedal hominids whose life span is, on average, 1/1,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000th the length of time that the universe seems to have been in existence,

それから、もし人々を親切に共感的に寛大にするとき宗教はどんなにナイスか、でも人々を優越や暴力や傲慢や裁きの精神に導くとき宗教はそんなにナイスじゃない、ということについて。それから、僕たちの石油燃料への依存がいかに僕たちをダメにしているかについて。それから、どのようにして持続的農業やエネルギーがクレイジーなヒッピー思想でなく、代わりにこの星の人間性がそれにより増進し保護されるような繊細な方法になるか、について。

and how religion can be nice when it compels people to be kind and compassionate and forgiving but not so nice when it compels people to superiority and violence and arrogance and judge-mentalism, and how our reliance on petroleum is ruining us, and how sustainable agriculture and energy are not crazy hippie ideas but instead are sensible ways with which to advance and protect the future of humanity on this planet,

それから、どれくらい僕たちの祖先が狼狽させられるだろうかについて、僕たちが人間の都合で年間 50,000,000,000 頭もの動物を殺していることに対し。それから、僕たちがロビイストや巨大ビジネスにどれほど、民主的プロセスを腐敗させ倒壊させ、僕たちに不必要な戦いを強いることを許してしまっているかについて。それから、もし誰かがもっとウォーター・パークを作ってくれたら世界がどんなに大切にされるだろうかについて。それから、どれほど人生は短くて、だから満足できる仕事を通じてもっと、それを味わい楽しむことが必要かについて、それから友達やロマンスや犬や音楽や、食べ物や慈善活動や、やさしさや品位について。

and how our ancestors will be dismayed that we killed 50,000,000,000 animals a year for human purposes and how we allowed lobbyists and big businesses to subvert and corrupt the democratic process and force us into needless wars, and how the world would be better served if someone would build more water-parks, and how life is very short and need to be appreciated and enjoyed through work that is satisfying and friends and romance and dogs and music and food and charity and kindness and decency.

● ● ●

そして、どうにかこうにか、僕は、このエッセイのついに終わりで、僕がどれくらい、どんどん連なる文章にほとんどフェチな愛を持っているかについて書こう。どうにかこうにかその理由というは、どんどん連なる文章がいちばん僕の脳ミソのはたらき、らしきものを正確に反映するからだ。このこと自体(僕の脳ミソの、あるいは脳ミソ内の)問題かもしれないけど、知らない。OK、僕は決して音楽業界でキャリアを築こうと思ったことはない。僕が音楽業界でのキャリアを実際、持ったなんて驚きだ。だから僕は思う、僕たちはみんな自分ができることをやるべきなんだと、世界をよりよい場所にするために、そしてその過程で自分自身をなんとかエンジョイさせられるように。

たぶん、そういうことだと思う。

and, possibly, i would, at the very end of this essay, write about how i really have an almost fetishistic love of run-on sentences. possibly because run-on sentences most accurately reflect how my brain seems to work. which might be a problem in and of itself, i don't know. ok, i never expected to have a career in music. i'm amazed that i've actually had a career in music. and i think that we all should do what we can to make the world a better place and somehow enjoy ourselves in the process.

i guess that's it.

thank you very much.
moby, nyc 2006.




以上。
清水拙訳、へんなところあれば遠慮なくご指摘ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿