2014年3月17日月曜日

裸婦 9th

時間がいつもの 1.5倍あっても、あんまり変わらない? 脳は、切羽つまるまで、どこか安心してしまうのかしらん。300分、3月14日(土)名古屋ROJUEにて。モデルは 6thと同じ、くろねこさん……ポーズするときの「はい」って感じ(ご本人にも言いましたが、なんだか “素” な感じ)がいい。今回もちょっと猫背なポーズがうまく、描けないものかとアクリル絵具と格闘。


かたちを修正しつづけながらの300分。くろねこさん手足も長くて。でも、まだ、ちぐはぐ? 少しずつ塗り重ねていくタイプのペインティングではないので、つねに予断を許さないワケですが、今回も最初から最後まで結局ドタバタ。はぁ。何度も、何度も。むずかしいなぁ絵具、あらためて。色も。JAZZミュージシャンみたいにバシッと決まらないものかしらん、もっと、いいフレーズ(アドリブ)が一発で。

いつもの200分のつもりで描いていって、あとの100分でゆっくり仕上げるつもりが。ちっとも、ゆっくりできる余裕なく。しゃれたタトゥも、またもや描けず。あと、画面左側の赤色は、翌日、持ち帰ってから曖昧な空きがどうしても気に入らず、マスキングしてベタ塗りしました。……アナログ修行、続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿